女性薄毛(FAGA)の原因やメカニズム

女性の薄毛にはさまざまな原因が考えられますが、男性によくみられる薄毛・脱毛症(AGA)の女性版がFAGA=FemaleAGAです。

女性は加齢によって、卵巣の働きが減少していきます。その際、女性ホルモンも比例して減少していき、男性ホルモンの働きに負けてしまうことが主な原因です。一般的には更年期を迎えた中高年の女性に多く見られます。

ほかにも、10代や20代にもFAGAの症状があらわれる場合があります。その原因は貧血、過度なダイエット、栄養不足や睡眠不足、仕事や人間関係などから受けるストレスなどです。つまり、女性であれば、誰もがFAGAになる可能性を秘めているということになります。

女性薄毛(FAGA)の症状

FAGAは局所的な脱毛ではなく、髪が細くなり髪全体が薄くなっていくという特徴があります。薄毛が頭全体にびまん(広がる、はびこる)ことから、別名びまん性脱毛症とも呼ばれます。

また、FAGAは頭全体がだんだんと薄くなっていくため、変化に気づきにくいといわれており、対処が遅くなってしまいがちです。

さらに、その症状は、進行度合いによって3種類の分類がされますが、いかなる進行度合いでも、頭頂部の分け目部分が目立つようになります。もし、最近分け目が目立つなと感じる場合には、FAGAを疑ったほうがいいかもしれません。

女性薄毛(FAGA)に効果的な対策

FAGAの対策で最も有効な対策は、専門家の手を借りることです。最近ではインターネットに発達により、世の中には、いろいろなFAGA対策に関する情報があふれています。

もちろん、その情報の中には確かなものもあるでしょうし、FAGA対策として有効なものも多数あります。それらの情報に一通り目を通せば、自分で対策できそうな気がするのは当然です。が、怪しい情報があることも忘れてはいけません。

また、怪しい情報に惑わされないこと以上に大切なのが、何が原因でFAGAになっているかです。つまり、有効だとされているFAGA対策が、あなたにとってベストな対策であるとは限らないということです。

そこでまずは、専門家の手を借り、原因をつきとめ、どのような対処がベストなのかを判断する必要があります。つまり、自分にとって適した治療を実践していくことがFAGAにとって大切なのです。