薄毛に悩む女性が増えてきている…その原因とは


薄毛と聞くと、男性が悩む症状であるというイメージが大きいかもしれません。しかし、女性でも薄毛に悩んでいる人は多く、最近では若くても症状が出てしまうことがあるようです。女性の薄毛のメカニズムは男性とは違い、薄毛になってしまう原因が加齢や遺伝だけではありません。女性特有の薄毛について知って、正しい対処をしていけたら良いですね。

妊娠・出産を経験することによる薄毛

女性特有の薄毛のひとつとして、妊娠・出産を経験することによって症状が出てしまうことがあります。妊娠をすると女性ホルモンが増加しますが、出産後には増加していたホルモンが急激に減少して元の状態に戻ります。このホルモンバランスの変化に体が耐えられず、髪の毛が抜けやすくなって薄毛になってしまうのです。妊娠中や出産後のホルモンバランスを整えるのはとても難しいことですが、規則正しい生活を送ったり食生活に気を付けたりして、できるだけ薄毛にならないようにしていきたいですね。また、出産後には初めての育児を経験することになり、ストレスが溜まってホルモンバランスが安定しない女性も多いです。妊娠・出産によるホルモンバランスは時間が経つと改善されることがほとんどなので、薄毛の症状も自然と落ち着いてくることが多いです。しかし、育児のストレスによっていつまでもホルモンバランスが整わない状態が続いてしまうと、薄毛もどんどん進行してしまう恐れがあるので注意しましょう。慣れない育児は大変かもしれませんが、周囲の人に協力してもらいながら生活していきましょう。

ヘアアレンジのしすぎで発症してしまう薄毛

髪の毛をさまざまな色に染めたり、パーマをかけてお洒落を楽しんでいる女性は多いでしょう。ヘアアレンジはとても楽しいものですが、頻繁にヘアカラーやパーマをしていると頭皮や髪の毛に大きなダメージを与えてしまいます。若いころはあまり髪の毛に変化を感じないかもしれませんが、頭皮や髪の毛にダメージを与えすぎると、年齢を重ねるにつれて少しずつ薄毛が進行していくケースが多いです。頭皮や髪の毛にダメージを与えないようにと美容室でヘアアレンジを行っている人もいるかもしれませんが、美容室でのヘアカラーやパーマなら薄毛にならないという保証があるわけではありません。ヘアアレンジをして自分の印象を変えるのは楽しいことですが、髪の毛の健康も考えていきたいですね。

家事や仕事のストレスで若者も薄毛になっている!

若い女性でも薄毛の症状に悩む人が増えてきていますが、その理由は「ストレス」であることが多いです。家事や仕事が忙しくてリラックスできる時間を確保できていないと、体にどんどんストレスが蓄積されていってしまいます。知らないうちにストレスが溜まって、髪の毛が抜け始めてしまうようです。社会人だけでなく学生でも薄毛になる女性が増えてきているため、日ごろから無理のない生活を送るように心掛けたいですね。