女性ホルモンのバランスと薄毛の深い関係


よく「女性ホルモンのバランスが乱れると薄毛になりやすい」と聞きますが、これは一体どういうことなのでしょうか?女性ホルモンが原因で起こる薄毛の症状は、妊娠・出産を経験したことによる女性特有の薄毛などです。妊娠中には女性ホルモンが増加した状態になりますが、出産後には増加していたホルモンが急激に減少して元の状態に戻ろうとします。すると、急激なホルモン量の変化のせいでホルモンバランスが乱れてしまい、髪の毛が抜けてしまうのです。では、なぜホルモンバランスが乱れると抜け毛が増えるのでしょうか?女性ホルモンと薄毛の関係について詳しく知りましょう。

女性ホルモンとはどのような成分なの?

よく耳にする「女性ホルモン」ですが、そもそもどのような成分なのでしょうか?
女性ホルモンとは、卵巣から分泌されている成分です。女性ホルモンには2種類あり、卵巣から分泌されるエストロゲンと排卵後に分泌されるプロゲステロンです。ホルモンバランスは、エストロゲンとプロゲステロンが交互に優位に立つことで保たれています。髪の毛を綺麗に健康的に保つために働いているのは、エストロゲンのほうです。エストロゲンが優位に立っていると抜け毛が少なくなり、髪の毛が健康的に成長していきます。妊娠中にはエストロゲンが増加して出産後に減少すると言われており、妊娠中に薄毛を発症するというよりは、出産後に抜け毛が増えて薄毛を発症してしまう女性が多いです。妊娠・出産以外にも、加齢に伴ってエストロゲンは減少していってしまうので、年齢を重ねるにつれて髪の毛が薄くなってしまうのです。

加齢に伴う女性ホルモンの変化

では、具体的にエストロゲンは何歳ぐらいから減少していくのでしょうか。
エストロゲンの分泌が始まるのは、思春期です。このころに月経が始まり、性成熟期と呼ばれる20~30歳ごろにかけてエストロゲンの分泌が活発になります。性機能が成熟し、いちばん行動的な気分になるのも性成熟期でしょう。性成熟期をすぎて更年期に入ると、エストロゲンの減少が始まります。40~50歳ごろには、エストロゲンが減少していき閉経するでしょう。老年期になるとついにエストロゲンが分泌されなくなってしまい、髪の毛を守るホルモンがなくなってしまうのです。

女性ホルモンと薄毛の関係

女性ホルモンの1種であるエストロゲンと薄毛には、深い関係があることがわかりました。ホルモンバランスは規則正しい生活が送れていなかったり、体にストレスを溜め込んだりすると乱れてしまうことが多いです。ホルモンバランスが乱れてエストロゲンの分泌が減ってしまわないように、普段から体に優しい生活を送りたいですね。また、妊娠・出産を経験することでホルモンバランスが乱れることを知っておけば、あらかじめ薄毛対策ができるかもしれません。加齢に伴う薄毛の症状も、ホルモンバランスを意識しながら早めに対策していきましょう。