女性の薄毛で最も多い症状「びまん性脱毛症」について知ろう


女性の薄毛は男性とは違い、発症する原因や症状の出方がいくつかあります。必ずしも遺伝だけが原因で薄毛になってしまうわけではないので、これまで女性の薄毛のメカニズムの研究が遅れており、効率的に発毛を目指せる治療方法が開発されるまでに時間がかかっていました。最近では発毛効果が高い治療方法が増えてきていますが、やはり薄毛になった原因がわからなければ効率的に治療を進めていくのは難しいでしょう。ここでは、女性の薄毛のひとつである「びまん性脱毛症」について解説していきます。

女性の薄毛で最も多い「びまん性脱毛症」

女性の薄毛にはいくつか種類がありますが、最も多いと言われているのが「びまん性脱毛症」です。びまん性脱毛症は、一般的な薄毛のイメージのようにハゲていくのではなく、髪の毛のボリュームが少しずつなくなっていく症状です。女性が年齢を重ねるにつれて悩み始める髪の毛のボリュームは、このびまん性脱毛症が原因であると考えられます。「シャンプーをしているときに髪の毛の変化に気付いた」「若いころに比べてボリュームが減ってきたように感じる」「トップがぺたんとしてボリュームが出ない」などの変化が表れていたら、びまん性脱毛症を疑い、早めに薄毛対策をしていく必要があります。薄毛は自然に治るものではなく、放置していると進行していってしまう病気です。難しい治療が必要になる前に、早めに対処しておきたいですね。

びまん性脱毛症を発症してしまう原因

びまん性脱毛症は、主に加齢が原因で発症するものです。加齢にともなって髪の毛を健康的に育てる成分である「エストロゲン」の分泌が減少するため、自然と抜け毛が増えてびまん性脱毛症を発症してしまいます。また、日常的に感じるストレスが原因であったり、過度なダイエットで栄養不足になることが原因である場合も多いです。家事や仕事が忙しくて普段からストレスを溜め込んでいると、体の血行が悪くなって頭皮に栄養が行き届かなくなってしまいます。ダイエットによる薄毛も同じで、栄養不足で髪の毛が育ちにくくなってしまうのです。また、ヘアカラーやパーマのしすぎで頭皮環境が悪化してしまい、びまん性脱毛症を発症することもあります。髪の毛のお洒落は楽しいものですが、頭皮や髪の毛にダメージを与えすぎない程度で楽しみたいですね。

びまん性脱毛症にならないための対策

びまん性脱毛症を防ぐためには、健康的な生活を送り、いつまでも若々しくいられるように心掛けましょう。例えば、睡眠をしっかりととって血行を改善し、栄養バランスが整った食生活で栄養不足を防ぐなどです。時間があるときには適度に運動をして、ストレスを発散できるとさらに良いですね。健康に気を付けて生活していくと、いつの間にか髪の毛にとっても良い生活できているものです。また、ヘアカラーやパーマはあまり頻繁にしすぎず、頭皮や髪の毛を労わりながらお洒落を楽しんでいきましょう。