出産後に起こる薄毛「分娩後脱毛症」にはどのように対処すればいいの?


女性の薄毛は、女性だからこそ発症してしまうものが多いです。例えば、妊娠・出産を経験することが原因で薄毛を発症してしまうことがありますが、このようなことが原因である薄毛の症状は女性ならではのものですよね。そのため、男性の薄毛とは対策方法が違ってきます。妊娠・出産を経験するとなぜ薄毛になってしまうのか、その理由を知って正しい対策をできるようにしておきましょう。

妊娠・出産が原因で起こる「分娩後脱毛症」

女性が妊娠・出産を経験することで発症する薄毛は「分娩後脱毛症」と呼ばれています。妊娠中には女性ホルモンが増加し、「エストロゲン」と呼ばれる抜け毛を防ぐ成分が多く分泌されています。しかし、出産後には増加していた女性ホルモンが急激に減少してしまい、エストロゲンの分泌も減ってしまいます。すると、突然のホルモンバランスの変化に体が追い付かず、一気に髪の毛が抜けてしまうことがあるのです。分娩後脱毛症の場合には、他の薄毛のように少しずつ髪の毛が減っていくわけではありません。人によっては本当に一気に髪の毛が抜けるので驚くかもしれませんが、これはホルモンバランスの変化によるものなので焦らずに少しずつ対応していきましょう。

分娩後脱毛症はどのようにして治せばいいの?

もしも分娩後脱毛症を発症してしまったときには、どのようにして治していけば良いのでしょうか?
分娩後脱毛症は、女性ホルモンのバランスが崩れることによって起こる薄毛です。そのため、出産後に時間が経ってホルモンのバランスが落ち着けば、自然と抜け毛が治まって薄毛が改善されていくケースが多いです。出産から数か月~1年ほど時間が経てば、知らず知らずのうちに抜け毛が治まっているはずです。自然と改善されるものなので、特に何かをしなければいけないわけではありませんが、早めに改善したいならホルモンバランスを整えられるような生活を送っていくように心掛けてみましょう。例えば、出産後には初めての育児でストレスを溜め込みがちになってしまう女性が多いですが、ストレスを感じているとホルモンのバランスがなかなか整いません。周囲の人に協力してもらいながら少しずつ育児に慣れていくようにして、できるだけストレスを溜め込まないように気を付けましょう。また、1日10分程度で良いので、音楽を聴くなどしてリラックスできる時間を作れると効果的です。

抜け毛が長期間続くなら医療機関に相談する

いくら自然に改善される薄毛であるとはいえ、あまりにも長期間改善されないようであれば医療機関に相談してみましょう。薄毛になったきっかけは出産であったとしても、何らかの原因で他の薄毛も発症してしまうことはあります。1年以上経っても抜け毛が治まらないようであれば、薄毛治療を始めてみたほうが良いかもしれません。薄毛で通院したくないと感じる女性は多いかもしれませんが、髪の毛のお洒落を楽しむためにも、早めに対処しましょう。