髪の毛がべたついている人は「脂漏性脱毛症」に注意しよう


普段から髪の毛がべたつくことが多いように感じているなら、薄毛の症状が出ないように注意する必要があります。髪の毛がべたついているということは、頭皮から分泌される皮脂が多いということです。適度な皮脂は頭皮を守るために必要ですが、あまりにも過剰に分泌されてしまうと毛穴に詰まってしまう可能性があります。毛穴に皮脂が詰まると頭皮環境が悪化し、薄毛を発症する原因となってしまいます。

皮脂の過剰分泌により起こる薄毛「脂漏性脱毛症」

脂漏性脱毛症は、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることによって起こる薄毛の症状です。頭皮が乾燥すると柔らかさがなくなってしまうため、頭皮を守るためにある程度の皮脂は必要です。しかし、必要以上の皮脂が分泌されてしまうと、頭皮の毛穴に詰まってしまう恐れがあります。頭皮の毛穴に皮脂が詰まっていると、とても清潔な状態とは言えませんし、頭皮環境が悪化して薄毛の症状を引き起こしてしまうことがあります。薄毛以外にも、頭皮が炎症を起こしたり、痒みを感じて掻きむしってしまう可能性があるので、やはり皮脂の過剰分泌に気付いたら早めに対策をしていきたいところです。まずは皮脂が過剰に分泌されてしまっている原因を見つけて、べたつきを改善するために努力していきましょう。

頭皮の皮脂が過剰分泌されてしまう原因を見つけよう

もともと脂性な人もいるかもしれませんが、それ以外にも皮脂が過剰分泌される原因となってしまう事柄はあります。例えば、偏った食生活です。いつも脂っこいものばかりを食べていると、体から分泌される皮脂が多くなってしまいます。頭皮がべたつく原因になるので、毎日脂っこいものばかり食べるのは控えましょう。肉・魚・野菜をバランスよく摂取して、皮脂ばかりが過剰に分泌されてしまわないように気を付けていきましょう。また、普段使用しているシャンプーやトリートメントが頭皮に合っていない可能性も考えられます。シャンプーやトリートメントが頭皮に合わずに刺激を与えてしまっていると、頭皮が自らを守ろうとして皮脂を過剰に分泌させてしまいます。現在使用しているシャンプーやトリートメントで刺激を感じたことがあるなら。一旦使用を中止してみましょう。

脂漏性脱毛症が進行してしまっていたらどうしたらいいの?

毛穴に皮脂が詰まったことが原因で薄毛の症状が進行しているのなら、まずは頭皮を清潔に保つことから始めなければいけません。毛穴までしっかりと洗浄できるように丁寧にシャンプーを行い、皮脂が詰まっている状態を放置しないようにしましょう。また、髪の毛が抜け落ちてしまった部分の発毛を目指したいなら、医療機関で相談してみると良いかもしれません。毛穴に皮脂が詰まっている状態で育毛剤を使ってケアをしても、頭皮に栄養分が浸透しにくいです。脂漏性脱毛症は自宅でケアしようとするよりも、医療機関に行って毛穴洗浄からしてもらってほうが効率的に発毛を目指していけるでしょう。