薄毛によい食べ物ってありますか?


薄毛を解消するために、食生活を変えていくのはとても効果的です。栄養バランスがとれた食事を意識していくのも大切ですが、薄毛に効果があるとされている食べ物を取り入れていっても良いかもしれません。毎日の食事に気軽に取り入れられる食べ物が多いので、少しずつ取り入れて食べ続けてみましょう。

大豆イソフラボンと亜鉛を含む食べ物

抜け毛を防ぎ、健康的な髪の毛を育てるために効果的であると言われているのは、「大豆イソフラボン」と「亜鉛」を多く含んでいる食べ物です。大豆イソフラボンと亜鉛を多く含んでいる食べ物は、納豆や豆腐です。朝食にトーストやスクランブルエッグなどの洋食を食べている人は、納豆や豆腐を取り入れて和食に変えてみましょう。味噌も大豆イソフラボンを多く含んでいる食べ物なので、豆腐の味噌汁を作れば効率的に髪の毛に良い成分を摂取できます。
亜鉛を多く含んでいる食べ物は、大豆製品以外にも牡蠣・しじみ・牛肉・小麦・卵・ゴマ・チーズなど、普段の食事に取り入れやすいものが沢山あります。卵料理を毎日一品食べたり、ごはんに黒ゴマをかけて食べたりすると続けやすくて良いでしょう。亜鉛は飲酒やストレスによって消費されてしまう成分なので、意外と不足しがちです。できれば食事から摂取して、どうしても不足しているように感じる場合にはサプリメントなどを活用してみても良いかもしれませんね。

タンパク質を含む食べ物で髪の毛をつくる

髪の毛をつくっているのは「タンパク質」です。薄毛を改善していきたいと思ったら、タンパク質を多く含む食べ物を積極的に摂取していきましょう。タンパク質を含む食べ物と聞くと、肉を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、肉類の動物性タンパク質を摂取するよりも、大豆などの植物性タンパク質を摂取したほうが良いです。大豆食品には大豆イソフラボンも含まれているので、薄毛を改善していくためにとても効果的です。また、発毛を促すためには頭皮環境も改善していかなければなりません。頭皮環境を改善するためには、タンパク質以外にもビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養バランスがとれた食事をしていきましょう。

薄毛を改善するために食べないほうが良い食べ物

薄毛を改善するために、食べないほうが良い食べ物もあることを知っておきましょう。どんなに薄毛に効果的な食べ物を摂取しても、抜け毛の原因となる食べ物も多く摂取していては効果を実感できません。抜け毛の原因となるのは、炭酸飲料などの刺激物や脂っこい食べ物です。特に脂っこい食べ物は、皮脂の分泌量を増やして毛穴が詰まる原因となってしまいます。頭皮環境を悪化させないためにも、皮脂の過剰分泌は防ぎましょう。また、化学調味料などの添加物が多く含まれている食べ物も避けたいところです。体に良くないと感じる食べ物は髪の毛にも良い影響を与えないことが多いので、健康的な食生活を送れるように意識していきましょう。