更年期障害からくる女性の薄毛について


40~50代に入ると、更年期障害でさまざまな症状が出てしまいます。薄毛もそのひとつで、女性であっても髪の毛が抜け落ちてしまうことがあります。男性の場合にはハゲてしまうことが多いですが、女性の場合には少しずつ髪の毛全体のボリュームが減っていき、気付いたときには髪の毛がほとんど残っていないこともあります。髪の毛のボリュームがなくなってお洒落が楽しめなくなるのは悲しいですが、完全に髪の毛がなくなってしまうのはもっとつらいですよね。更年期で髪の毛がなくなってしまわないように、早めに対策を始めていきましょう。

更年期障害で薄毛になる原因

更年期障害は、女性ホルモンが急激に減少してきたころに起こります。女性ホルモンが急激に減少すると、ホルモンバランスが崩れて体にさまざまな変化が起こります。薄毛もそのひとつで、抜け毛が増えたり毛髪が正常に育たなくなってしまい、髪の毛が減っていきます。抜け毛を防いで健康的な髪の毛を育てるために必要なのは「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンですが、エストロゲンも更年期に入ると分泌されなくなってしまいます。更年期障害による薄毛の症状は個人差が大きく、人によっては一気に髪の毛が抜け落ちてしまうこともあります。

更年期障害による薄毛の予防・対策

更年期障害による薄毛にならないために、早めのうちからできることをしておきましょう。
更年期障害は女性ホルモンが急激に減少することで起きてしまう症状なので、女性ホルモンに似た働きを持つ大豆イソフラボンを積極的に摂取しておくと良いかもしれません。大豆イソフラボンが多く含まれている食べ物は、納豆や豆腐などの大豆食品です。毎日の食事に気軽に取り入れられる食べ物ばかりなので、できれば食べ続けたいですね。大豆食品を食事に取り入れられない場合には、サプリメントなどで補ってみても良いでしょう。
また、日常的にストレスを感じていると、薄毛の進行を加速させてしまう可能性があります。40代に入るころには、子供の成長や仕事の変化などでストレスを感じがちになってしまうかもしれませんが、できるだけストレスを溜め込まないように上手に発散させていきましょう。

更年期障害による薄毛を改善するには?

更年期障害による薄毛の症状を改善するには、医療機関で治療を受けると良いかもしれません。ホルモン補充療法やプラセンタ注射などの治療で、更年期障害を引き起こす原因となるホルモンバランスの乱れを抑えていきます。女性ホルモンのバランスを整えて、抜け毛を防ぎつつ薄毛の進行を食い止めましょう。
また、規則正しい生活を送るように心掛けたり、頭皮マッサージをして毛根を刺激することでも、発毛を促していけるかもしれません。睡眠不足や血行不良で薄毛が進行してしまわないように気を付けながら、マッサージをして健康的な頭皮を目指していきましょう。頭皮マッサージの仕方は、専門の医師に聞くと良いでしょう。