頭皮の赤みや痒みが原因で薄毛になってしまうことはあるの?


髪の毛を丁寧に洗っていなくて頭皮に痒みが出てしまうことはありますが、清潔にしていても慢性的な痒みを感じる場合には、頭皮が何かしらの症状を抱えている可能性があります。放置していると頭皮環境がどんどん悪化してしまい、健康的な髪の毛が育たなくなって薄毛になってしまうかもしれません。頭皮が常に痒い人は、病院に行くなどして早めの対策をしていきましょう。

頭皮が痒くなる原因とは?

頭皮の痒みを抑えるためには、頭皮が痒くなる原因を知る必要があります。毎日しっかりとシャンプーをしているのに頭皮が痒くなってしまう人は、シャンプーが合っていないか、洗いすぎで頭皮が乾燥している可能性があります。まずは、現在使っているシャンプーが自分に合っているかどうかを確認しましょう。汚れをしっかりと落とすために洗浄力が強いシャンプーを使っている人は多いと思いますが、洗浄力が強いシャンプーは頭皮への刺激が強いことが多いです。頭皮に刺激を与えてしまうシャンプーを使い続けていることで、頭皮が炎症を起こしてしまっているのかもしれません。シャンプーが合っていないかもしれないと感じているなら、ノンシリコンのシャンプーを選んでみるなど、できるだけ頭皮に優しいシャンプーにしてみましょう。また、痒みが起こるのは汚れが落とし切れていないせいだと考え、必要以上に頭皮を洗ってはいませんか?洗いすぎると頭皮を守るために必要な皮脂まで流れ落ちてしまい、頭皮が乾燥した状態になってしまいます。乾燥は痒みを引き起こしますし、薄毛の原因となってしまうので洗いすぎには注意しましょう。

毛穴に老廃物を溜め込まないように気を付ける

シャンプーや髪の毛の洗いすぎ以外にも、毛穴に老廃物が溜まっていることが原因で痒みを引き起こしてしまうことがあります。特に、頭皮がべたつきやすい人は注意が必要です。頭皮がべたつくのは、皮脂が過剰に分泌されているからです。過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まると、頭皮環境がどんどん悪化していってしまい、痒みを引き起こします。痒みに耐えられずに掻きむしってしまうと頭皮が炎症を起こす可能性がありますし、毛穴に老廃物が詰まっていることで髪の毛が太く長く育たなくなってしまうことも考えられます。普段から頭皮のべたつきを感じている人は油っこい食べ物の摂取を控え、できるだけ清潔な状態にしておけるように心掛けましょう。

頭皮に違和感を感じたら早めに病院に行く

あまりにも痒みが酷かったり、頭皮に赤みがあるように感じたら、早めに皮膚科に行って診てもらいましょう。皮膚科では薄毛の治療も行っているため、頭皮環境の悪化によって薄毛が進行していないかどうかも確認してもらえます。髪の毛が薄くなり始めている場合には、頭皮の状態を改善する治療と並行して、薄毛治療も受けられるかもしれません。頭皮の痒みや赤みを放置していると、髪の毛の成長に影響が出てしまうことがあります。少し面倒だと思っても、できるだけ早めに病院に行きましょう。