バックエイジングとは?


アンチエイジングという言葉は聞き慣れている人も多いかと思いますが、バックエイジングという言葉もあることをご存知でしょうか。
アンチエイジングとは老化を予防するという意味で使われることが多いのですが、バックエイジングとは「若さを取り戻す」「若返り」などの意味で使われることが多い言葉です。
まだあまり浸透していない言葉ではありますが、これからテレビなどで多く耳にする言葉になるのではないかと思っています。

エイジングの仕組み

老化することや加齢のことをエイジングと言いますが、30代くらいまでの間は抗酸化力という機能が働き、シミ・シワ・たるみ・白髪・薄毛などを抑制してくれています。
しかし、エイジングによってその抗酸化力の機能が低下し、シミ・シワ・たるみ・白髪・薄毛などの加齢に伴う悩みの原因となってしまうのです。
エイジングによって低下する機能には新陳代謝もありますが、健康な頭皮を保つため・健康な髪の毛を保つため・新しい髪の毛を育てるためなどに欠かすことができない機能です。
この機能が低下するということも抜け毛が増えたり薄毛になったりする原因になります。

バックエイジングのために必要なこと

バックエイジングのために抗酸化対策を始めている女性がとても増えています。
老化の主な原因として多く知られている活性酸素ですが、活性酸素の過剰な分泌を抑制してくれる効果のある「抗酸化物質」を摂取することがバックエイジングの効果を高めるとして注目されています。
ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノール・βカロチン・コエンザイムQ10などの抗酸化物質は食事の中でも気軽に摂取することができる栄養素です。

活性酸素の過剰な分泌を抑制するために

・紫外線
・過度なダイエットや食事制限
・喫煙
・飲酒
・ストレス
・ハードな運動
・食品添加物
これらは活性酸素が過剰に分泌されてしまう主な原因です。
紫外線の多い夏だけではなく、紫外線の少ない季節にもしっかりと紫外線対策をし、食生活や生活習慣を見直してみるのも良いと思います。