薄毛にならないための頭皮チェック


女性の薄毛は、知らず知らずのうちにどんどん進行してしまいます。
気づいたときには「こんなところにハゲができてる!」なんてこともあります。
乱れた食生活や生活習慣、過度なダイエットや食事制限、喫煙や飲酒、運動不足や睡眠不足、ホルモンの乱れやストレスなど、女性の薄毛の原因は日々の過ごし方にも関係しています。
抜け毛が増えてきたな…と感じてはいませんか?
何となく薄毛になってきたような…と感じてはいませんか?
女性の薄毛を見逃さないための頭皮チェックについてご紹介します。

頭皮環境をチェック!

1. フケで悩んでいませんか?
2. 頭皮のニオイで悩んでいませんか?
3. 頭皮の痒みで悩んでいませんか?
4. 頭皮がベタつくことで悩んでいませんか?
5. 分け目の薄毛が気になっていませんか?
6. 髪の毛が細くなったな、と感じていませんか?
7. シャンプーの際、ゴシゴシと頭皮を強く擦るように洗っていませんか?
8. パーマとカラーリングを同日に行っていませんか?
みなさんはいくつ当てはまるでしょうか。
これらは頭皮環境を悪くし、抜け毛を増やす原因や薄毛の原因になる可能性の高い項目です。

頭皮のフケ・痒み・ニオイ・ベタつき

フケの全く出ない頭皮はありませんが、頭皮環境が良い場合には目に見えないほどとても細かいフケが出ています。
目に見えてはっきりとわかるほどのフケが出るということは、頭皮環境に異常があるというサインです。
痒み・ニオイ・ベタつきが気になる場合、皮脂の分泌が過剰になっている可能性が高いです。

分け目の薄毛

女性の薄毛のほとんどは瀰漫性脱毛症であるとされており、髪の毛の本数が減る・髪の毛が細くなるなどし、分け目が薄くなったように感じるのです。

ゴシゴシと頭皮を強く擦るように洗う

ゴシゴシ洗いは髪の毛にも頭皮にも大きなダメージを与え、頭皮を傷つけてしまいます。
シャンプーは頭皮の余分な皮脂や汚れを落とすことが目的であり、ゴシゴシと擦り洗いしなくてもキレイに落とすことができます。
頭皮をマッサージするように優しく洗いましょう。

パーマとカラーリングを同日に行う

パーマやカラーリングは髪の毛にも頭皮にも大きなダメージを与え、そのダメージの大きさもとても計り知れません。
同日に行うことは避け、1ヶ月ほどの期間をおいてから行うのがおすすめです。