女性薄毛の原因「トリコチロマニア」に注意!対策法は?


女性の薄毛の原因は様々です。
生理前や産後や閉経後の女性ホルモンのバランスが崩れてしまう際に抜け毛が多くなってしまうこともありますし、乱れた食生活や生活習慣、喫煙や飲酒やストレスなども女性の薄毛の主な原因であり、これらの原因はほとんどの方がご存知なのではないでしょうか。
トリコチロマニアも女性の薄毛の原因のひとつなのですが、まだあまり知られておらず、一般的な抜け毛や薄毛とは違う特徴があるんです。

抜毛症(ばつもうしょう)

トリコチロマニアは、抜毛症とも呼ばれています。
「トリコ=髪の毛」
「チロ=引っ張る」
「マニア=熱狂者」
この3つの言葉からトリコチロマニアと呼び、子供や女性に多い症状です。

子供や女性の多い理由

一般的には、1歳から2歳くらいから症状が現れるようになり、「髪の毛を抜く」という行為によって、ストレスや欲求不満を発散させています。
髪の毛を抜くことで満足感を得ることができたり、安心感を得ることができたり、開放感を得ることができることなどから癖になってしまうのです。
ストレスを溜め込みやすい方はとくに注意が必要です。
精神的なストレスや心理的なストレスによってトリコチロマニアを発症してしまう可能性があります。

トリコチロマニアの対策法

仕事関係の悩み、人間関係の悩み、家庭の悩みなど、トリコチロマニアを発症してしまう原因のほとんどが問題や悩みを抱えていることにあります。
精神的なストレスや心理的なストレスを解消することで自然と改善される場合もあります。
髪の毛を抜いてしまうことを自覚してはいるものの、あまりにも夢中になってしまい、抜いている最中には全く自覚がない、という方もいます。

専門医に相談を!

自分ひとりでは解決できない場合には、迷わず専門医に相談しましょう。
放っておくと、髪の毛を抜くという行為がどんどんエスカレートしてしまい、髪の毛のほとんどを失ってしまう可能性もあります。