前髪が薄毛になる原因と改善方法


髪は顔の印象を大きく左右しますよね。
前髪の量によって見た目年齢も変わってくるんです。
少なくなりスカスカになってしまった前髪は、実年齢よりもうんと老けて見られてしまう原因にもなり、ヘアスタイルを思い切り楽しむことができなくなってしまったり、女性の楽しみであるメイクやファッションも面倒になってしまったり、人前に出ることが恥ずかしいという方もいます。

なぜ、前髪が薄くなってしまったのか?

以前よりも前髪が少なくなったような気がするという方も、明らかに少なくなってしまったという方も、前髪が薄くなってしまった原因を知ることで、良い改善方法や治療法を選択することができるようになります。

牽引性脱毛症

髪の毛が強く引っ張られてしまうことで脱毛が起こります。
前髪を強く引っ張るようなヘアスタイルを続けている人は要注意です。
前髪が長い方の場合、まとめて結ぶ際に強く引っ張ってしまうことが多くなると思いますし、ピンなどで止めることが多い方もいると思います。
たまには前髪を結んだり止めたりすることを休む日を設けてみてはいかがでしょうか。

石油系シャンプー

市販されているシャンプーのほとんどが石油系シャンプーです。
とても洗浄力の強い、合成界面活性剤が多く使用されています。
とくにラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムという成分には注意して欲しいのですが、洗浄力・脱脂力・泡立ちが良い、などのメリットがある一方で、頭皮への刺激が強すぎるため、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。
頭皮にも髪の毛にも優しい、刺激の少ないアミノ酸系シャンプーに変えることで前髪の薄毛を改善させることができる場合があります。

栄養不足

頭皮や髪の毛の健康と美しさを維持するためには、ミネラル・ビタミン・亜鉛・鉄などの栄養素が必要です。
しかし、過度な食事制限やダイエットをしている女性が多く、前髪だけではなく、全体的な薄毛の原因になっています。
とくにミネラルやビタミンが不足すると髪の毛が細くなり、髪の毛の量が減ったわけではないのに薄くなってしまったような気がしてしまうんです。