白髪と薄毛の原因は?共通点はある?


30歳を過ぎた頃から白髪や薄毛で悩む女性が多くなります。
数本の白髪を見つけたときには抜いてしまうという人もいらっしゃるかもしれませんが、白髪の数が多くなれば多くなるほど抜いてしまうわけにもいきませんし白髪染めをされる人がほとんどなのではないでしょうか。
抜け毛や薄毛が気になり始めたとき、育毛シャンプーを使ってみたり、育毛剤を使ってみたりする場合もあると思います。
白髪と薄毛が同時に起こるという人もいらっしゃるようなのですが、白髪になることと薄毛になることには同じ原因があるのでしょうか。

白髪と薄毛には共通点があります

白髪も薄毛の原因は、基本的には同じではないとされていますが、共通している原因もあります。

白髪の主な原因は、メラノサイトというメラニン色素の働きが低下してしまうことです。
髪の毛が生えてくる際に細胞がメラノサイトを作り出すことによって黒い髪の毛が生えてくるんです。

薄毛になる原因は様々ですが、主にホルモンが関係しています。
女性ホルモンの分泌が減少することや男性ホルモンの分泌が増加することによって抜け毛が増え、対処しないでいると薄毛になってしまうんです。
ホルモンバランスに問題がない場合、乱れた食生活や生活習慣、喫煙や飲酒、睡眠不足や運動不足、ストレスなどが原因である場合もあります。

このように、白髪と薄毛の原因は違うんです。

○白髪になりやすい人
・遺伝
・ストレスを抱えている
・食生活や生活習慣が乱れている
・睡眠不足
どなに規則正しい生活を送っていても遺伝によって白髪になりやすい人もいます。

○薄毛になりやすい人
・遺伝
・野菜不足
・脂質の摂り過ぎ
・喫煙や飲酒
・ストレス
とくに食生活に乱れがある人は要注意です。

○共通点は「遺伝」
白髪と薄毛の原因として共通しているのが遺伝です。
100%遺伝するというわけではありません。
それ以外の原因とされていることに気を付けてれば、白髪や薄毛を予防することができる場合もあります。
喫煙や飲酒を控え、食生活や生活習慣は正しくいたいですよね。